catch-img

【法人向け】電気料金の高騰に対する有効な対策とは?節電・省エネに留まらない戦略を紹介

電気料金の高騰は、世界情勢や燃料需要の変動などが原因で続いており、夏以降にも電気料金が値上げされる見通しとなっています。

継続する電気料金の高騰に対して、より効果的な取り組みでコスト削減をしていきたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

この記事では、電気料金の高騰に対する有効な施策について詳しく解説します。


目次[非表示]

  1. 1.電気料金が高騰している主な理由
    1. 1.1.輸入資源の高騰
    2. 1.2.為替の変動に伴う電気料金の変動
    3. 1.3.国内の電力不足
  2. 2.法人向けの電気料金高騰への対策
    1. 2.1.電力会社の見直し
    2. 2.2.太陽光発電の導入
    3. 2.3.節電と省エネ活動の促進
  3. 3.法人が電気料金の見直しをする際のポイント
    1. 3.1.自社の電力使用量の把握
    2. 3.2.最適価格の電力会社を選ぶ
  4. 4.最適な電力会社が見つかる電気削減クラウド
  5. 5.まとめ


電気料金が高騰している主な理由

燃料価格の高騰による電気料金の高騰が続いており、夏以降から大幅に値上げされる見通しとなっています。

ここでは、電気料金が高騰している主な理由について詳しく解説します。

輸入資源の高騰

電気料金が高騰している原因として第一にあげられるのが、輸入資源の高騰です。

日本における発電の大部分が、輸入資源である石炭や石油、天然ガスに頼っています。

燃料の高騰は、ロシアのウクライナ侵攻で生じた経済制裁によるロシアからの輸入の停止や、発展途上国のエネルギー需要の増加などが原因です。

また、新型コロナウイルスによって停滞していた経済が動き出したこともあり、燃料価格が上昇しています。


為替の変動に伴う電気料金の変動

為替の変動も電気料金の変動に影響しており、昨今は円安が続いている傾向にあり、輸入燃料価格の上昇の原因となっています。

燃料価格の変動による電気料金の変動は、燃料費調整制度によって自動的に反映されています。

電気料金の変動は避けられない課題であり、法人としては電力消費の効率を改善して対策することが望ましいです。


国内の電力不足

国内の電力が不足すると、電力会社が安定した電力の供給を維持するために、よりコストをかけて発電を行うため、電気料金の高騰を引き起こします。

国内の電力供給が不足している原因は、東日本大震災後における原子力発電所の相次いだ稼働停止や、火力発電所の老朽化などがあげられます。

電力不足は社会的な要因によって引き起こされているため、各々の法人における節電やエネルギー効率化などの対策が必要です。


法人向けの電気料金高騰への対策

電気料金高騰への対策には、さまざまな方法があります。

ここでは、法人向けの電気料金高騰への対策を紹介します。

電力会社の見直し

電力会社の切り替えやプランの見直しで、電気料金を抑えられる可能性があります。

電力自由化によって、新電力会社を含めたプランの選択肢が広がっているため、最適な電気料金の選択が望めます。

ただし、多くの電力会社が値上げしているケースもよく見られるため、徹底的なリサーチが必要です。


太陽光発電の導入

自家消費型太陽光発電を導入すれば、電力会社から購入する電力の量を減らすことができるため、電気料金が削減できます。

自家消費型太陽光発電は、自社に太陽光発電を設置して発電した電気を自社で使用する緊急時の非常用電源としても活用が可能です。

導入の際に活用できる補助金制度が国や自治体から出ているため、自家消費型太陽光発電の設置にかかる費用を抑えられます。


節電と省エネ活動の促進

照明やOA機器、空調などの設備に対する省エネ活動は、社内全体の消費電力を削減できます。

▼具体的な省エネ活動の例

  • 使用しない部屋の照明のこまめな消灯
  • 照明の間引き
  • OA機器のスリープモード
  • 季節に合わせた空調の温度設定など


従業員一人ひとりが徹底的に省エネに取り組めば、大幅な電気料金の削減が望めます。

従業員に省エネに取り組んでもらうには、省エネの目的や必要性を社内で共有しておくことが重要です。


法人が電気料金の見直しをする際のポイント

電気料金の見直しにおける重要なポイントは、自社の電力使用における課題を明確化し、最適な電力会社の選定につなげることです。

ここでは、法人が電気料金の見直しをする際のポイントについて詳しく解説します。

自社の電力使用量の把握

最適な電気料金の見直しをするには、自社の電力使用量の把握が必要不可欠です。

電力使用状況を細かく把握することで、部署や場所の課題を可視化できるため、業務内容に応じた電力会社やプランの選定ができます。

電力使用量の見える化をするには、デマンドコントローラーやEMSなどの設備が有効です。

デマンドコントローラーとは、電力の使用量をリアルタイムで確認できるツールのことで、消費電力の抑制によって電気料金の削減に貢献します。

また、EMSはエネルギーマネジメントシステムの略で、エネルギー使用状況を見える化し、エネルギー使用効率を最適化できます。


最適価格の電力会社を選ぶ

コスト削減のためには、電気料金が最適価格の電力会社を選定するのが望ましいです。

電力自由化以降、電力会社の競争が激化しており、他社よりも安く電力を提供している会社も多く見られます。

ただし、電気料金の見積もりは電力会社によって試算内容が異なるため、サービス内容の違いを考慮したり、比較内容を揃えたりして検討する必要があります。

明細の項目やキャンペーン内容など、自社にとって欠かせないサービスを確認しておくことが重要です。

また、自社にとって最適価格の電力会社を見つけるには、専門知識を持つコンサルタントの力も必要です。


最適な電力会社が見つかる電気削減クラウド

エネクラウドが提供する『電気削減クラウド』は、最適価格で電力会社との契約をサポートし、電気料金の削減を促進するサービスです。

  • ビッグデータを元にしたシミュレーションで最適な電気料金を算出
  • 業界最大級の約60社の小売電気事業者から選定が可能
  • 電気料金削減の豊富な知識を持つコンサルタントによる手厚いサポートでスムーズな運用を実現


電力会社との契約を見直したいという方や、電気料金の削減で利益向上につなげたいという方は、ぜひお気軽にご相談ください。


まとめ

この記事では、電気料金の高騰に対する対策について以下の内容で解説しました。

  • 電気料金が高騰している理由
  • 法人向けの電気料金高騰への対策
  • 電気料金の見直しをする際のポイント


電気料金が高騰している主な理由は、輸入資源の高騰や為替の変動、国内の電力不足などがあげられます。

法人における電気料金高騰には、電力会社の見直しや太陽光発電の導入、省エネ活動の促進などが有効です。

電気料金の見直しは、自社の電力使用量を把握したうえで最適価格の電力会社を選定する必要があります。

エネクラウドが提供する『電気削減クラウド』は、ビッグデータを元に電気料金をシミュレーションし、業界最大級の約60社の小売電気事業者から、最適な電力会社を選定できるサービスです。

専門的な知見を持つコンサルタントによるサポートを付帯しているため、スムーズな運用を実現します。

電気削減クラウドのサービス内容や得られる効果について、詳しく解説している資料を無料公開していますので、ぜひこの機会にご覧ください。

  お問い合わせ|エネクラウド株式会社 エネクラウドのクラウドシリーズ(電気削減クラウド・電気管理クラウド)に関するお問い合わせは当ページより承ります。 エネクラウド株式会社
  資料ダウンロード(クラウドシリーズ のご紹介)|エネクラウド株式会社 必要事項をご入力いただくことで、クラウドシリーズ(電気削減クラウド・電気管理クラウド)のパンフレットのダウンロードが可能です。 エネクラウド株式会社


マーケティング部 部長 橋詰 慎一郎 
マーケティング部 部長 橋詰 慎一郎 
マーケティング組織の立ち上げから戦略立案・施策実行まで全ての領域を担当。BtoC、BtoBを問わず複数の業界でマーケティングに携わること20年。電気・電力の業界におけるマーケティングの推進をすべく2021年にエネクラウドに入社。

資料ダウンロードは
こちらから!

人気記事ランキング

タグ一覧